歯周病とは、歯石の細菌がもとになって歯茎に炎症が起き、歯の骨が溶けてしまう疾患で、これが原因で歯を失うことにもつながります。

口の中には250種類~400種類の細菌(虫歯菌もその1つ)がいますが、細菌が固まると歯垢から歯石となり、次第に歯肉の炎症につながってしまうのです。

歯周病の原因は歯磨きの不足以外にも複数存在し、喫煙、食事、糖尿病、ストレス、薬など多くの種類があります。

歯周病は医師の努力で進行を食い止めることも可能になってきましたが、やはり完治させることはできないので、大前提として正しい知識をもって予防することが大事です。

そのため、虫歯にしても歯周病にしても、まずは歯磨きがすべてと言っても過言ではありませんので、歯医者で正しいブラッシングなどを指導してもらい、できるだけかかる前から予防するよう意識すべきです。

歯周病と糖尿病は普通に考えれば何のつながりもありませんが、実はとても関わりが深いのです。

糖尿病に罹患すると生体本能である抵抗力が下がるので、歯周組織が口の中にいる細菌に感染しやすくなり、その結果として歯周病にもなる人が多いのです。

また、糖尿の人は唾液が減るので、口の中がアルカリ性になるのが遅く、虫歯や歯周病を引き起こしやすいわけです。

糖尿病を持つ歯周病の患者に治療をすると、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、これを根拠として歯周病が糖尿病悪化の原因ではないかと考えられているのです。
すっぽん小町 口コミ

高血糖は自覚症状がありませんので、自分が糖尿病であることに気付けない人がほとんどですが、歯の定期検診によって糖尿病の可能性に気付くことが珍しくありません。

糖尿病に限った話ではなく、口の中の健康は全身の状態に密接なつながりがあるという話もあるので、ブラッシングは正しく行いましょう。

歯磨き粉を買うのであれば、発泡剤が不使用と明記されているものがおすすめです。

発泡剤入りの歯磨き粉をおすすめしない理由は、歯を磨いた時に口の中が泡立つため、歯を磨いた気になるわけですが、その勘違いは正した方がいいです。

むしろ、泡が立つことによって歯の汚れが全然見えないので、磨くべきところを確実に清掃できないという欠点があるからです。

歯磨きは口腔内を清潔にすることが目標なので、その目的に対して悪影響を与えるものが成分として使われてる歯磨き粉が不適切なものであることは仕方ないです。

歯磨き粉の原料には多くのものがありますが、良くない成分としてはコレ以外に研磨剤もその1つとして指摘されています。

Comments are closed.