歯磨き粉は必要性を感じないと言っている歯科衛生士もいるので、最低限、イメージだけで勝手に選ぶのはおすすめできません。

歯周病とは、歯石の細菌がもとになって歯に炎症が起き、歯を支える骨が溶ける病気であり、歯周病のせいで歯がダメになることも多いです。

口腔内には250種類~450種類くらいの種類の細菌がいるのですが、これらが固まると歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にも色々有り、歯ぎしりのクセ、喫煙、食生活の偏り、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用など多くの種類があります。

歯周病は医師の努力でその進行を阻止することもできるようになってきましたが、やはり完治させることはできないので、基本的には自力で防ぐことが大事です。

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きをちゃんとしないことには防げませんので、歯科医院で正しい歯磨きを教えてもらい、できるだけかかる前から予防するよう頑張りましょう。

定期的に歯科健診を受診することは、歯の健康を維持する上できわめて重要です。

なぜかと言うと、口腔環境の悪化は自分ではわかりづらく、遅れると治療にお金がかかるからです。

また、ブラッシングや歯間ブラシで歯石を完璧にきれいにすることは無理なので、歯医者さんにやってもらうべきですが、このことを知っている人は全体の30%くらいしかいないようです。

歯医者での初診時は、わざわざレントゲンを撮ることが多いのですが、これは触診だと十分に分からない骨の健康状態を把握するために行っているのです。

歯の健康診断は不要なんじゃない?と思っているかもしれませんが、虫歯を放置することで歯がダメになり、インプラントなどを利用するよりは良いと思うのですが、いかがですか。

歯の健康診断は思い出した時には必ず受け、かかりつけの歯科を決めることでデータを蓄積しておいてもらって、口腔内の健康を保ちましょう。
下剤ダイエット

フッ素が入った歯磨きを子どもに使わせるのは危なくない?と心配をする親がいるとのことです。

そのワケは、フッ素をあまりにも多く摂取すると、斑状歯や骨硬化症などの病状が生じるかもしれないので、ということのようです。

フッ素は、基準値を大幅に超える異常なフッ化物を含有している水を飲めば、身体に悪影響が出る可能性があるということは、歯科医の周知事項です。

つまり、換言すると、歯磨きで摂取するくらいの量なら、大げさに考えすぎる必要はないというのが一般的な理解ですので気にしないで問題ありません。